YOUKI feat.PJ

『関西文化の杜から世界へ発信』というMJの企業コンセプトによる音楽プロジェクト【YOUKI feat.PJ】が進行中です。ジャンルにとらわれない多様なメロディを作るMJ所属YOUKIの楽曲の中から厳選して2016年9月にアルバムリリースする予定です。古今東西の一流アーティストの共演が楽しみなこのプロジェクトの進行を紹介していきます。

『LIP STICK』歌入れ終了しました。

前回、前々回とはうって変わり、前夜の嵐も過ぎ去り、秋晴れの日に最後のレコーディングを迎えました。スタジオの外も穏やかです。

 

f:id:TAKE-ZERO:20160920202644j:plain

 

本日のボーカルは石井明美さん。ワイドパンツにエンジニアブーツというオーラ漂ういでたちで登場。

小一時間でベースラインを録り終えたのは流石です。

いいタイミングでU-SKEもアシスタントを連れてスタジオイン。

石井さんが原曲でボコーダー使ってる箇所も、「それに近い歌い方ができる」と言われて歌ってもらいましたが、あまりの技巧ぶりにU-SKEもびっくりし、石井さんのボーカルの上手さに感嘆し、その場でいろいろとチャレンジしてもらうことに!

 

「やっぱあの頃の歌手はいろいろ鍛えられてるからね・・・音符の上がり下がり見ればアドリブでなんとかやれるかも」と石井さんが言われ、U-SKEがその場でキーボードを弾いて何種類かのハモリを作り、連れてきたアシスタントがその場で楽譜にしていくという即興で作ったコーラスも録っていきました。

絶対音感のあるアシスタントをこのレコーディングに連れて来たU-SKEのカンも奇跡で、それを何回かのトライで歌いきった石井さんが更に神がかってたレコーディングでした。

 

数時間後、「集中力が切れる前に録音終えることができて良かった」と石井さんは笑いながらボーカルルームから出てきましたが、この難しい曲を石井さんに歌っていただけて本当に良かったと思いました。

 

今日ですべての歌録りが終わり、あとは他の3曲含め別途コーラスを新たに立てて入れていく作業とTD作業になります。

 

 

 

 

 

 

↓黄色い扉の向こうがボーカルルーム・・・デッドなドラムも録れる広めのスタジオを

今回も贅沢に使ってます。

f:id:TAKE-ZERO:20160920202658j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TO BE CONTINUED